中学歴史ソフト アニメ歴史シアター 第2巻

中学生教材

学習教材のウィング中学生教材アニメ歴史シアター>第2巻解説収録項目

中学歴史ソフト アニメ歴史シアター

第2巻解説収録項目

アニメ歴史シアター第2巻の収録内容をご紹介いたします。

第12節 戦国武将の台頭

京の都を舞台に血で血を洗う戦いを繰り広げた応仁の乱。この長き戦いで身も心もそして国の財力さえもボロボロになった多くの守護大名たちにもはや自分の国を立て直す力は残っていなかった。そして虎視眈々と主の座を狙う野心家たちに次々とその座を追われていくのだった。こうなるともう上も下もない。強いものが勝つ、下克上の時代なのだ!

戦国の世へ
~情け無用の下克上~
戦略を変えた鉄砲伝来
~信長の戦術と眼力~
天下統一への歩み
~織田信長の野望~
信長の経済政策
~市・座の発展と関所の廃止~
統一の夢よ遥か・・・
~志し半ばの本能寺の夜~
関連年表

1543
ポルトガル人が種子島に鉄砲を伝える
1549
ザビエルがキリスト教を伝える
1553
上杉謙信と武田信玄、川中島で戦う
1560
今川義元、桶狭間の戦いで織田信長に倒される
1561
長尾景虎(上杉謙信)関東管領を譲られる
1562
織田信長と徳川家康が同盟を結ぶ
1568
織田信長、将軍義昭を立てて京都へ入る
1575
織田、徳川連合軍が長篠で武田勝頼軍を破る
1582
織田・武田連合軍、武田氏を滅ぼす
1582
織田信長、本能寺で明智光秀に攻められ自殺する

第13節 武士による全国統一

猛火の本能寺にその命と野望を散らしていった織田信長。信長の草履取りから仕え、信長の恩恵の元で出世し、そしてなにより信長を尊敬していた羽柴秀吉の寂しさと怒りは、それまで一進一退を繰り返していた備中高松城を一気に攻略して明智光秀を討つべく軍をかえさせるほどであった・・・

羽柴秀吉登場
~信長から秀吉へ、天下統一への夢~
天下人に成り上がった秀吉
~皇室の利用~
秀吉の政治
~農民の抑制~
豊臣家滅亡の序曲
~図に乗り過ぎた朝鮮出兵、そして秀吉の死~
関連年表

1582
羽柴秀吉、京都の山崎で明智光秀を破る
1584
羽柴秀吉、徳川と小牧・長久手で戦う
1585
羽柴秀吉、大坂城を築く
1586
羽柴秀吉、太政大臣となり豊臣姓に変える
1587
豊臣秀吉、キリスト教を禁止する
1588
豊臣秀吉、刀狩令を出す
1590
豊臣秀吉、奥州を平定し、全国を統一する
1592
文禄の役
1597
慶長の役
1600
関が原の合戦

第14節 ヨーロッパの封建制

1世紀から2世紀にかけて栄華を誇ったローマ帝国も3世紀になると衰えを見せはじめ、4世紀末には東西に分裂してしまう。それ以降は北方からゲルマン人が侵入を開始し5世紀後半にはとうとう西ローマ帝国を滅ぼすまでになる。これから各地にゲルマン人が定着し、中世ヨーロッパの社会が展開していくのである。

ヨーロッパ諸国のおこり
~ゲルマン民族大移動~
フランク王国と第2次民族運動
~西ヨーロッパの基礎確立へ~
封建社会の成立
~中世ヨーロッパのしくみ~
中世のキリスト教
~権威を強めたローマ教会~
十字軍遠征と教皇権力の衰退
~封建制度の動揺~
十字軍遠征がもたらしたもの
~都市の発達と農民の地位向上~
封建制から議会制へ
~中央集権国家と王権の強大化~
宗教改革
~協会の腐敗と新教の発生~
関連年表

375
ゲルマン民族の大移動が始まる
410
西ゴート族がローマに侵入する
476
西ローマ帝国が滅亡する
1096
第1回十字軍の遠征が始まる
1215
イギリス王ジョンが「マグナ=カルタ」を認める
1339
イギリスとフランスの間で百年戦争がおこる
1347
ヨーロッパ全土に黒死病(ペスト)が流行する
1492
コロンブスがアメリカを発見する
1517
ドイツでマルティン・ルターが宗教改革を始める
1541
フランス人のカルビンがスイスのジュネーブで宗教改革を行う

第15節 東ヨーロッパとイスラム世界

4世紀の終わりにローマ帝国が分裂した後、西ローマ帝国は約1世紀で滅びたのに対して東ローマ帝国は1000年の長きに渡って繁栄した。その独自の文化と世界はその後のヨーロッパの発展に大きな役割をはたすことになる。そして中東ではアジアともヨーロッパとも違うイスラム社会が展開していた。

ヨーロッパの防波堤とシルク=ロード
~東ローマ帝国の歴史的意義~
イスラムの世界
~慈悲あまねくアッラーの御名において・・・~
それでもイスラム教は残る
~イスラム帝国の分裂とアジア諸民族の活動~
関連年表

610
マホメットがイスラム教を始める
622
イスラム教を始めたマホメットがメジナに移動する(ヘジナ)
632
マホメットが死ぬ
661
イスラム教徒のウマイヤ朝が成立する
711
ウマイヤ朝が倒されアッバース朝が成立する
1038
トルコ人のセルジュク=トルコ朝が成立する
1285
アッバース朝が滅ぼされる
1299
小アジア西部にオスマン=トルコがたてられえる
1453
東ローマ帝国が滅亡する

第16節 徳川家の天下統一と幕府の完成

天下分目の関ケ原で勝鬨の声をあげた徳川家康は3年後に朝廷から征夷大将軍の任命を受け、江戸に幕府を開く。ここに約260年にも及ぶ徳川江戸幕府の時代が幕を開けるのである

家康の全国支配
~足場を固める大坂冬・夏の陣~
江戸幕府のしくみ
~大名を苦しめた参勤交代~
江戸幕府の外交
~鎖国へつながるキリシタン~
関連年表

1603
徳川家康、江戸幕府を開く
1605
徳川秀忠、二代将軍となる
1614
徳川家康が大坂冬の陣を起こす
1615
大坂夏の陣で豊臣家が滅ぶ
1615
武家諸法度、禁中並公家諸法度、諸宗諸本山法度ができる
1629
キリスト教弾圧として踏み絵が始まる
1635
参勤交代の制度が整えられる
1635
朱印船が禁止される
1637
島原の乱が起こる
1641
オランダ商館が長崎の出島に移される

第17節 ヨーロッパの革命

十字軍の遠征や国王と結託した市民勢力の台頭によって諸侯や議会といった封建社会での支配者たちはその力を徐々に失っていく。それに代わりヨーロッパの政治権力を握っていったのは各国の国王たちであった。だがそれも次第に富を蓄えた一般市民たちのものへとなっていく。なぜ人は政権を手に入れたがるのか・・・?

絶対主義
~植民地政策により利益を得た国王と大商人~
裕福になった市民
~資本主義の始まり~
再び絶対王政へ
~ヨーロッパ社会を揺るがしたナポレオン~
民主主義の世の中
~産業革命による市民の台頭~
関連年表

1607
北アメリカにバージニア植民地が作られる
1610
フランス王ルイ13世が即位し、絶対王政を始める
1620
イギリスのピューリタンが北アメリカに移る
1642
イギリスでピューリタン革命が起きる
1688
イギリスで名誉革命がおこる
1733
イギリスの発明家たちが様々な作業機械を発明し、産業が発展する(産業革命)(~1768)
1775
アメリカ独立戦争がおこる
1789
フランス革命がおこる
1804
ナポレオンが皇帝となる
1848
フランスでルイ・ナポレオンが大統領となる

第18節 ヨーロッパの植民地支配

16世紀後半から18世紀の間にヨーロッパの国々は貿易品を求めてアジアに進出し、次々と植民地を広げていった。なぜ遠く離れた異国を植民地にしていったのだろう

アジアの植民地化
~ヨーロッパ人の欲望と産業革命後の変化~
インドの植民地化
~各国の利権争いの果てに~
関連年表

1600
イギリス、東インド会社を設立する
1657
プラッシーの戦いが起こる
1664
フランス、東インド会社を再建する
1765
ワットが蒸気機関の改良を行う
1768
アークライトが水力紡績機を発明する
1833
イギリス、東インド会社の商業活動を全面的に停止する
1837
ビクトリア女王が即位する
1857
セポイの反乱が起こる
1858
ムガール帝国が滅び東インド会社が解散する
1877
イギリス領インド帝国が成立する

第19節 封建社会と鎖国

大きな争いもなく260年も続いていた江戸時代。しかし、3代将軍家光の時に確立していた鎖国政策はこの間に崩れていってしまう。なぜ鎖国は崩れていったのか?

鎖国政策
~幕府のとった支配体制~
苦しい財政
~幕府財政の窮乏と貨幣経済の発達~
幕府の改革
~慢性化する財源不足と貨幣経済の弊害~
外国船の登場と国内の動き
~外国からの脅威と国内の動き~
関連年表

1633
鎖国令が出される
1636
寛永通宝が鋳造される
1649
幕府、慶安の御触書を出す
1685
徳川綱吉、生類憐れみの令を出す
1716
徳川吉宗、享保の改革を行う
1767
田沼意次、側用人となる
1787
松平定信、寛政の改革を行う
1825
幕府、異国船打払令を出す
1833
天保の大飢饉が始まる
1841
老中水野忠邦により天保の改革が行われる

 

第1巻解説収録項目

第3巻解説収録項目

年表

アニメ歴史シアター全3巻